Blog ブログ

Blog

ホーム//ブログ//ハセッパー水とは?話題の次亜塩素酸水をわかりやすく説明

ブログ

ハセッパー水とは?話題の次亜塩素酸水をわかりやすく説明

ハセッパー水とは、次亜塩素酸水を使った消毒除菌が出来る水溶液なのですが、イマイチどんなものかわからない方が多いと思います。

実は、使ってみたいけど詳しい情報がわからなかったり、上手くまとめてあるサイトが少ないのが原因です。

なぜなら、新型コロナウィルスが発生するまでそこまでの注目度が無かったからなんですね。

ここではハセッパー水の使い方や安全性、特徴について詳しく書いていこうと思います。

ちなみに、コロナウィルスを30秒で不活性化させることも実証されました。

読み終えて頂ければ、ハセッパー水の正しい情報が手に入り、どのような場合に使用すればよいかが、正確にお分かり頂けますので、是非最後までお読みください。

 

ハセッパー水とは




ハセッパー水とは、次亜塩素酸ナトリウム(NaClO)が、水(H2O)と反応してできる、次亜塩素酸(HOCl)を大量に含んだ水のことを言います。

製造元は東和薬品宮城販売

ハセッパー水の中でも数少ない高濃度次亜塩素酸水です。

 

次亜塩素酸について




次亜塩素酸は、除菌力、ウイルス抑制力に優れています。

厚生労働省のウイルス抑制マニュアルというものがあるのですが、その中で医療施設や介護施設。保育園や外食業界でのウイルス対策に有効だとして紹介されている成分でもあります。

厚生労働省が出している説明についてはこちら

種類としては

強酸性次亜塩素酸水、弱酸性次亜塩素酸水、微酸性次亜塩素酸水があります。

この中で微酸性次亜塩素酸水が、最も安全で殺菌効果も高いことが厚生労働省により検証されています。



現在ハセッパー水として販売されているものの多くは微酸性次亜塩素酸水ということが言えるでしょう。

その他、次亜塩素酸が私たちの周りで使われているところは

プールやほ乳瓶の除菌、水道水の浄化、食材の洗浄、

強力な効果と安全性から多くの医療、ホテル、オフィス、食品関連、介護、保育など、幅広い分野で活用されています。

大手タクシー会社、国際自動車がハセッパー水を採用しているとYahooニュースでも話題になっています。

そのYahooニュース記事はこちら

「日の丸交通 タクシーにカーテン、国際自動車はハセッパー水使用…新型コロナウイルス感染防止」

 

ハセッパー水は人体の除菌成分と同じもの




次亜塩素酸は細菌を退治する為に人間の体内でも作られています。

体の中に侵入してくる有害な細菌を、白血球が攻撃するということはご存知ですよね。

白血球は「活性酸素」をつくりだし、そこから生成される「次亜塩素酸」を使って細菌やウイルスを攻撃するのです。

このような仕組みを理解すると、次亜塩素酸がとても人間に優しく、

細菌やウイルスに対して、高い殺菌力を持っていることが理解できると思います。

以上の点から、ハセッパー水はとても安心して使える信頼性の高い物となっています。

医師推奨としてブログに取り上げられています。

 

口に入れても大丈夫


ハイター等の漂白剤として有名な「次亜塩素酸ナトリウム(アルカリ性)」とは違います。

次亜塩素酸水は酸性であり、食品添加物として厚生労働省により認可されています。

よって口に入れても大丈夫という安全性が検証されております。

 

ハセッパー水の効果と特徴




厚生労働省は、次亜塩素酸を細菌やウイルスに対して殺菌効果のある除菌水(食品添加物)として定めています。その効果を見ていきましょう。

 

除菌力の高さ(新型コロナウィルスにも有効)




ハセッパー水は上記で説明した次亜塩素酸の効果で、非常に高い除菌力があります。

除菌力は次亜塩素酸ソーダの約6倍で、ノロウィルスや新型インフルエンザウィルス、新型コロナウィルス、耐性菌(芽胞菌)も短時間で除菌できる強力な除菌力をもっています。

また、その効果としてはSARS、MARS、をも不活性化、死滅させる事が予測されています。

歯周病予防、口内殺菌、虫歯予防などにも効果があり、食品添加物としても利用することが可能です

アルコールが効かない強力な菌にも有効です。

 

消臭効果




生ごみやたばこ。汚物の臭い。洗面所や浴室などの水廻りのイヤな匂い。ペットの匂い。

も瞬間消臭してくれます。

細菌が原因となっているものやアンモニア、硫化水素、アミン系の臭気にもハセッパー水は高い効果があります。

 

アレル物質の除去




ダニや花粉に含まれるアレルギー症状を引き起こす「アレル物質」の除去にも、ハセッパー水は高い効果があります。

花粉などのアレル物質が付着した、洋服や鞄、室内に噴霧(スプレー)する方法が効果的です。

特に花粉症の人にとっては空間にあるアレル物質を除去することで快適な生活を送る事が出来るでしょう。

 

濃度


ハセッパー水は通常、濃度200ppmで販売されているところがおおいようです。この濃度だと安全性が高く除菌力も高いからです。逆に言うと使用するにあたって200ppm以上の濃度は必要が無いということになります。

用途によって希釈して使用することができます。

 

水に戻る


ハセッパー水は除菌するときに、菌や有機物に接触すると普通の水に戻ります。例えば食品の除菌に使用した場合、水に戻ることによって全くの無害、無臭を実現する事が出来ます。

そういった面が評価され、飲食店に多く採用されている実績を持っています。

 

新型コロナウイルスの感染性を失わせる不活化効果




新型コロナウイルスの感染性を失わせる不活化効果があることも実証されています。

 

専門機関が実証


実証実験は4月27日~5月3日の期間で

「北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター」高田礼人教授が実施しています。

 

新型コロナウィルスを瞬時に不活性化


これまでインフルエンザウィルスに対しての効果は実証されてきましたが、新型コロナウィルスに対しても瞬時に不活性化されるとの結果が出ています。

具体的には

「1ミリリットル当たり1千万個以上の新型コロナウィルスが、30秒で検出限界以下まで減少しそのまま推移。

実験室を平均的な室温の23~24度に設定して2回試したが、どちらも同様の結果が得られた」

(北海道大学人獣共通感染症リサーチセンターの報告より抜粋)

という報告が出ています。

また、北海道大の玉城英彦名誉教授(疫学、今帰仁村出身)は「次亜塩素酸水は新型コロナウィルスをほぼ瞬時に不活化している」と指摘して

「安全で手に入りやすく、アルコールに比べ皮膚への刺激も少ない。新型コロナウィルスの感染予防で、手指用の消毒液として推奨できる」とお話になっています。

疫学の権威がこのようにおっしゃっているのは、非常に信頼性が高いですね。

詳しい記事はこちらをご覧ください。

次亜塩素酸水で新型コロナ不活化「30秒以下で」エナジック社と北海道大学が実証

 

使用できる用途




ハセッパー水は高い安全性と除菌力から、色々な用途で使うことが出来ます。濃度を変えてご使用ください。

 

原液


・インフルエンザ、ノロウイルス、新型コロナウィルスの空間除菌

・お風呂・台所など水回りのカビ予防

・生ごみの除菌消臭

・野菜の除菌洗浄(3分つけた後洗い流す)

・キッチン用品やまな板の除菌

 

2倍希釈


・たばこの消臭

・赤ちゃんや高齢者のおしりふき

・手すりやドアノブおもちゃの除菌

・水虫

・キッチン周りの除菌

 

4倍希釈


・うがいや口臭予防

・手指の消毒

・ペットの消臭や感染予防

・カーテン、エアコンフィルターの除菌

・赤ちゃんの哺乳瓶除菌

 



 

加湿器に入れて




アルコール消毒は刺激が強いのもあり、空間に噴霧できません。火や石油ストーブがあれば引火する可能性もあり危険です。

一方ハセッパー水は、加湿器や空気清浄機(加湿できるタイプ)に入れて空間除菌消臭を行うことができます。浮遊しているウィルスにも効果を発揮します。(新型コロナウィルスもOK)

この原理を使った空気清浄機ではpanasonicのジアイーノが有名です。次亜塩素酸を使った空気清浄機なので、非常に人気が出てきています。オフィシャルサイトも、とてもよくまとまっているので、次亜塩素酸について知りたい方も一度見てみて下さい。

 

ペットにも使用可能




安全性が高いので、ペットにも使用する事が出来ます。上記したように消臭はもちろんダニのアレル物質除去や、健康面を守るためにも活用できます。

 

冷蔵庫内の除菌・消臭に最適




通常、一般家庭では冷蔵庫内の清掃は、冷蔵庫内の物を全て出してしまわないと中々綺麗に清掃することができません。

冷蔵庫は常に冷温を保っているので菌の繁殖は外気温と比べてゆっくりですが、長期間まったく清掃されていない冷蔵庫内の菌の数はかなり多くなっています。

停電・故障にて等にて冷蔵庫内の温度が上がった経験はございますか?独特の匂いがしなかったでしょうか。

理由は冷温でゆっくりとしか繁殖できなかった菌類がいっせいに増殖を始めるからです。その結果冷蔵庫内の臭いが一気に高まるという訳です。

ハセッパー水は、冷蔵庫内の繁殖していない状態の菌類を除菌してくれるので、嫌な臭いを常に防いでくれます。
また、ハセッパー水は有機物に触れ除菌・消臭したあとに、水に戻るという性質があります。安全・安心・無臭で除菌ができるのが嬉しいですね。

 

うがい




ハセッパー水は虫歯、歯周病や歯槽膿漏の原因となる菌も除菌できます。一方で口の中の粘膜へのダメージをほとんど与えないため、歯医者さんなどで虫歯予防や歯周病の治療に用いられるケースもあるほどです。

また口の中を除菌することで、口臭の原因となる細菌を除菌させることもできます。口臭予防に用いることも有効と言えるでしょう。

新型コロナウィルスの感染予防にも効果的です。

 

水虫対策




真菌(しんきん)、つまりカビに対しても強い除菌効果を発揮します。水虫は白癬菌(はくせんきん)というカビが原因です。よって水虫にも有効と言われています。

 

マスクの除菌




ハセッパー水をスプレイヤー(霧吹き)に入れ、使用済みマスクにそのまま噴霧してください。吹き付けると一瞬で除菌が完了します。その際200ppmの濃度で行ってください。もちろん洗い流す必要はありません。新型コロナウィルス対策で、マスクが不足する状況ですが、ハセッパー水でマスクの再利用をする事が出来ます。

 

手荒れがひどい方に




アルコール除菌を行うと、アルコールの揮発性により皮膚の水分が蒸発し、手荒れを起こす人が多くいらっしゃいます。ハセッパー水はPH5~6.5の弱酸性を保っており、揮発性はほぼありません。

手指除菌に使用しても脂分を奪わないので手荒れが気になる方でも比較手使いやすいものとなっています。

アルコールや次亜塩素酸ソーダに比べて、刺激が少なく、手荒れ率が1/10から1/20に減少するというデータも出ています。

新型コロナウィルスの影響で消毒機会が増える中、手荒れをしやすい方におすすめです。

また、美容院や、医療現場、介護施設や飲食業など手洗い頻度の高い現場に最適です。

 

その他


ここまで次亜塩素酸を主原料としたハセッパー水について説明してきました。少し角度の違った見方でも説明してみたいと思います。

 

デメリット



1.汚れが多くついている箇所は先にふき取りが必要


次亜塩素酸水は除菌すると、すぐに分解され水になってしまいます 。菌に触れるとすぐに除菌反応を起こすことが原因です。この現象は残留しにくいことや除菌効果がすぐに現れることを証明しています。

しかし、それと同時に除菌したい場所が汚れていたり、汚れが多くついていたりしていると除菌が十分にできません。理由としては汚れや菌の成分との反応に、次亜塩素酸が使われてしまうからです。

この特徴から、次亜塩素酸水を使用して除菌したい箇所がある場合は、まずは綺麗に掃除をしてから使用することをおすすめします。その後に次亜塩素酸水を使用することで、より効果を発揮します。

 

2.価格


市販の消毒剤と比べ、やや価格帯が高くなってしまいます。しかし前述してきたとおり効果や安全性を考えれば、決して高すぎるということは無いと思います。

 

3.試用期間


ハセッパー水は、次亜塩素酸ナトリウムや他の除菌消臭剤と比較して、試用期間が短い商品です。

時間の経過により次亜塩素酸の濃度が下がってきます。

しかし適切に保存をすれば、未開封・未希釈状態で半年から1年程度の保管が可能 です。

冷蔵庫で保存すれば開封後も1年保管できます。

安心・安全で効果に優れているのに、広く知られてないのもこのあたりに原因があると思われます。

次亜塩素酸水には消費期限があり、大手の流通量販店で取扱うのは難しいようです。一般的には通販で販売される事が多いので広く知られていないのが現状だということです。

 

※上記が次亜塩素酸水を使用する上でのデメリットです。個人的には、どれも使い方次第でデメリットにはならないのではないかと思っております。

 

Q&A




ハセッパー水に関する質問を多くいただいたので、それをわかりやすくまとめました。

 

Q.植物や水槽への影響はありませんか?


次亜塩素酸水は有機物と接触すると、素早く反応するため、残留がほとんどないことが証明されています。
現象としては水に戻ります。そのため心配はありません。

 

Q.次亜塩素酸水とは何でしょうか?


日本製で、安全かつ除菌力が高く、人にも環境にもやさしい微酸性の除菌・消臭水です。

 

Q.除菌・消臭に効果がある理由を教えてください


次亜塩素酸が菌の膜を攻撃し、死滅させることが証明されています。

人間の体内免疫担当細胞として働くのは白血球です。その抗菌システムの主役である好中球が、細菌の侵入の時、防御のために産生しているのが次亜塩素酸です。

その次亜塩素酸を主成分とした水なので、除菌・消臭効果が期待できるのです。

 

Q.なぜ安全なのでしょうか?


次亜塩素酸は化学的に不安定です。

一般的な環境に放出されると有機物(細菌やウィルスを含む)と素早く反応するため、容易に分解し水に戻ります。

そのため残留性がほとんどありません。

次亜塩素酸水は揮発性が少なく、手荒れや刺激が少ないので、厚生労働省からも人体への影響がなく安全性が高いと判断され、実質的にも問題は報告されていません。

 

Q.どんな菌に対して有効でしょうか?


インフルエンザウィルス、新型インフルエンザウィルス、新型コロナウィルス、ノロウィルス、O-157、大腸菌、サルモネラ菌などの多くのウィルスや菌に対して強力な除菌力があります。

 

Q.安心・安全で効果に優れているのにもかかわらず、なぜ知られてないのですか?


次亜塩素酸水には消費期限があります。そのため大手の流通量販店で取扱うのは難しいということが理由になるでしょう。

一般的には通販で販売される事が多いので、広く知れ渡るまでには至っていないのが現状です。

 

Q.ハセッパー水の使用期限を教えてください。


次亜塩素酸水は保管状態により濃度が大きく異なってきます。時間の経過にともない濃度が低下する特性がります。

未開封で1年。開封後は3ヶ月を目安に使い切ることをおすすめしています。また、直射日光に当たる場所での保管はおやめください。

ハセッパー水は、開封後でも冷蔵庫で保管して頂ければ1年は保存できます。

 

Q.ハセッパー水の濃度低下を防ぐ方法はありるのでしょうか?


次亜塩素酸水は、時間が経過すると水に戻る性質があります。
劣化予防としては、直射日光を避け冷暗所に保管してください。上記しましたが冷蔵庫がベストでしょう。
また高濃度ほど、劣化のスピードは速くなります。

 

Q.劣化の速度はどれくらいですか?ph値も変化しますか?


濃度や管理状態の違いで変わります。定義づけるのは難しいと思います。
ph値につきましては、急激な変化はありません。水に戻る性質上、より中性に近い値に変化していきます。

 

<使用上の注意について>




使用上の注意について詳しくお伝えします。

 

Q.そのまま使えますか?



ハセッパー水は200ppmで生成されています。
もちろん200ppmのまま使用できますが、使う用途に応じて希釈してお使い頂く事ことをおすすめします。



Q.子供にも使っても大丈夫でしょうか?



子供はもちろん、お年寄りや頻繁に手指の消毒が必要な職業の方にも安心してお使いいただけます。当サロンでも使用しております。

ハセッパー水は人にやさしく、微酸性の除菌・消臭水。有機物と反応すると水にもどるため残留性がないことも安心の証です。

(塩素アレルギーをお持ちの方は念のためご使用をお控えください。異常を感じられた場合はご使用を中止し専門医にご相談ください)




Q.安全ならば飲んでしまっても大丈夫なのでしょうか?



飲用ではないので誤って飲むことが無いよう、保管場所にはご注意ください。
万が一誤飲してしまった場合、食道を通過する際に水に変わってしまうので少量を飲んでも害はありません。万が一異常を感じた時は医師に相談ください。



Q.効果的な使い方はありますか?



スプレイヤーによる部分的な噴霧が簡単かと思われます。広範囲に効果的なのは加湿器によるな空中噴霧もよいでしょう

あとは、次亜塩素酸水で洗う・流す・つけるなどの使い方も有効です。
(金属製品などは錆びの原因になります。念のため仕上げに水洗いをしてください)

 


ハセッパー水の購入方法




当サロンでも使用しているハセッパー水はお客様にも販売しております。

20リットルからの販売ですのでお客様同士でシェアされる方が多いすね。企業や施設の方に関しては、使用方法、内容量共に非常に使いやすい商品化と思います。

このブログを見て頂いた方に限り

ハセッパー水20リットル・・・¥15000¥12000

(税抜)で販売させていただいております。



 

まとめ


いかがでしたか?安心安全かつ、高い除菌力をもったハセッパー水の魅力をお分かりいただけたのではないかと思います。

新型コロナウィルスによって、世界全体の予防意識が高まっている今だからこそ、次亜塩素酸水を生活に取り入れてみるのも良いのではないでしょうか。

次亜塩素水の中でも、ハセッパー水は使用方法が簡単で、当サロンでも使用しております。

また、他の除菌商品に比べて安価な部分も魅力的ですね。

新型コロナウィルスにより、世界的に大変な状況下ですが、

皆様が健康で毎日を送る事が出来ますよう、心より祈っております。

美容に役立つその他のブログ記事はこちら

ブログ一覧