Blog ブログ

Blog

ホーム//ブログ//パーソナルカラーを知れば似合う髪色が必ず見つかる

ブログ

パーソナルカラーを知れば似合う髪色が必ず見つかる

人の印象の7割は<色>で決まるといわれています。

私たちは自分自身を彩る色として、2種類の色を持ち合わせています。一つは、肌色・髪色・瞳の色・頬の色など、もともと生まれながらに持っている色。もう一つは、服や小物・ヘアカラーやメイクなど身に着けることで取り入れる色です。

皆さんは、ご自身がどのような色をもち、どのような色を身にまとい日々生活されていますか?

自分に似合う色は『自分を魅力的に演出』し、『周りに好印象をもたらす』ことが出来ます。

ここでは、都内人気サロンスタイリストがあなたに似合う髪色を
《パーソナルカラー診断~あなたに似合う髪色の提案》として伝授させて頂きます。

読み終えて頂ければ、明日からのオシャレがもっと楽しくなるでしょう。更に、周りから褒められることが増え、自信をもって自分自身を魅力的に演出する事が出来るはずです。



 

こんな経験ありませんか?


あなたは、美容室に行った際、オススメ!!と記載された‘‘季節のトレンドカラー’’をオーダーしたことはありますか?洋服と同じように、季節の流行を取り入れたヘアスタイルは楽しみたいものですよね。

それなのに、仕上がりの自分を見て
「肌色がくすんで老けて見えた」
「元気がなくみられてしまった」
「いつものメイクが似合わなくなった」
「何となくしっくりこない」

など、オシャレを楽しみたいはずが、違和感を感じ悲しい思いをしたことがある方も多いのではないでしょうか?それは‘‘季節のトレンドカラー’’があなたにとって「似合わない色」だった可能性があります。


「似合わない色」を身につけると
●シミ・しわ・ほうれい線などが目立って見えてしまう
●顔色が悪く、疲れた印象に見える
●キツイ印象に見えたり、下品に見える
などの、マイナスなイメージを強調してしまいます。

では、どうすれば「似合う髪色」を見つけることが出来るのでしょうか?それは、パーソナルカラーを知ることが重要です。

 

パーソナルカラーとは?


その人が生まれ持った、髪・瞳・唇などの色と雰囲気が調和した似合う色のことです。似合う色を身に着けることで、肌が明るく綺麗に見え、若々しく元気に見せてくれる等、印象を良くしてくれる効果があります。

人はそれぞれ個性が違うように、似合う色もそれぞれ違います。似合う色を見つける診断のことを「パーソナルカラー診断」と呼びます。

ちなみに、「赤が似合う」「黄色が似合う」と似合う「色」を決めがちですが、パーソナルカラーはそうではありません。
同じ黄色でも「レモンのような青みがかった黄色」なのか「たんぽぽのような暖かみのある黄色」なのか、似合う色の特徴がわかるのがパーソナルカラーです。

 

《パーソナルカラー診断》


まず最初に、パーソナルカラー診断を行う上で知っていただきたいのが肌の色です。そこで、肌の色の基本となるベースカラーを見ていきましょう。

 

肌色知ろう


ベースカラーは、イエベ(イエローベース。黄みよりの肌色のこと)ブルべ(ブルーベース。青みよりの肌色のこと)の2種類あります。

どちらがあなたに当てはまるかチェックしてみて下さい。

①手首の内側に透けて見える血管の色は?
A:緑っぽく見える
B:青っぽく見える

②手のひらの色はどちらに近い?
A:オレンジ、または黄色っぽい
B:ピンク、または青っぽい

③瞳の色はどちらに近い?
A:ハチミツやコーヒーのような黄みっぽい茶色
B:メイプルシロップやココアのような赤っぽい茶色

④白目の色はどちらに近い?
A:黄みがかっている
B:真っ白、または青みがかっている

⑤どちらのアクセサリーが似合う?
A:ゴールド系のアクセサリー
B:シルバー系のアクセサリー

⑥日焼けをするとどうなる?
A:焼けやすく小麦色になる
B:赤くなるが焼けにくい

⑦洋服のベーシックカラーはどちらがしっくりくる?
A:茶・ベージュ
B:黒・グレー

Aの合計が多い方はイエローべース
Bの合計が多い方はブルーベースとなります。

次にそれぞれを更に詳しく4種類(春夏秋冬)に分類していきましょう。

 

イエローベースのカラー診断



どちらが当てはまるかチェックしてみて下さい。

①周りからよく言われる第一印象は?
A:明るい・キュート・年齢より若く見える
B:落ち着いている・大人っぽい・ゴージャス

②肌質は?
A:薄目の皮膚、透明感がありツヤ肌
B:しっかりしたマット肌

③髪の毛の質感は?
A:細く艶感があり、サラサラしている
B:太くマット、ボリュームがある

④唇の色は?
A:コーラルピンク、サーモンピンク
B:オレンジみのあるくすんだ赤

⑤頬の色は?
A:血色感のある黄み色
B:赤みがあまりない黄み色

Aが多かった方は 春(スプリングタイプ)
Bが多かった方は 秋(オータムタイプ)

と診断結果が出ました。

 

ブルーベースのカラー診断




どちらが当てはまるかチェックしてみて下さい。

①周りからよく言われる第一印象は?
A:ソフト・優しい・エレガント・爽やか
B:シャープ・クール・華やか

②肌質は?
A:薄目の皮膚、マット肌
B:皮膚が厚めでツヤ肌

③髪の毛の質感は?
A:細く柔らかい、ぺったりしやすい
B:太く硬い、艶がありボリューミー

④唇の色は?
A:薄いピンク、柔らかな赤紫
B:血色感の少ないピンク、赤紫

⑤頬の色は?
A:透明感とほんのり血色感を感じる肌色
B:赤みも黄みも感じにくい肌色

Aが多かった方は 夏(サマータイプ)
Bが多かった方は冬(ウィンタータイプ)

と診断結果が出ました。

これで、あなたのパーソナルカラーが春夏秋冬のどのタイプに属するのかがわかりました。

 

《色の基本を知る》


「似合う髪色」を知る前に、まずは色の基本についてお伝えします。色というものは、色相・明度・彩度から成り立っています。

 

色相



赤・青・黄などの色の違いのことです。赤を基準に橙、黄色、黄緑、緑、水色、青、紫、赤紫・・・と似た順に並べて一周すると赤に戻ってきます。これを色相環といいます。寒色系・暖色系によって印象に大きな違いが生まれます。

 

明度



色の明るさ度合いのことです。明度が高いと明るく柔らかな印象になります。また、明度の差が大きいとコントラストが高くなり、見え方がはっきりします。

明るさを表す単位として使用されるのが「レベル」です。数字が大きいほど明るい髪色を表します。一般的に4レベルから16レベルの領域がカラーリングで使われています。(16レベル以上はブリーチが必要になります)

*社会人の場合、職種や職場の雰囲気によって適切な髪色が違ってきます。

髪色規定が厳しい職場=6~7レベル(黒髪は4~5レベル)
髪色規定が緩めの職場=10~11レベル

通常は8~9レベルあたりと覚えておけば問題ないでしょう。

 

彩度



色の鮮やかさ、強さの度合いのことです。彩度が高いと元気な印象になり、低いと渋く落ち着いたシックな印象になります。

彩度が高い=ビビッドで鮮やかな色味
彩度が低い=落ち着いた色味、無彩色

例えるなら、咲いたばかりの花の彩度は高く、枯れていく花の彩度は低いということです。

 

《似合う髪色を見つけよう》


ここからは、美容院でオーダーの多いナチュラルカラーと、色味を取り入れたおすすめカラーをシーズンカラー別にお伝えします。

 

春(スプリングタイプ)


こちらのタイプに属する方は、女性らしい柔らかさと若々しさを兼ね備え、親しみやすく可愛らしい雰囲気の女性が多いです。
芸能人で例えると佐々木希さん、蛯原友里さんなどです。

【似合う髪色】

艶感のあるゴールドブラウンがおすすめです。明るい色が似合うので、イエロー&ゴールド系が良いでしょう。

色味を楽しみたい方は、コーラルピンクなどの明るく透き通ったカラーや、オレンジなどのビタミンカラーもよく似合います。



明度は9~14レベル、彩度は高い方が肌を綺麗に見せてくれる効果が期待できます。

暗めの色を希望される場合は、明度をあげつつ、ベージュなどのカラーを混ぜることで顔立ちが映えるでしょう。

【NGカラー】
色味を楽しみたいピンクでも、青みがかったローズ系や、くすみがかったスモーキー系のカラーは、肌色を暗く見せてしまう場合があります。不健康に見え、頼りない印象になってしまいます。

 

夏(サマータイプ)


こちらのタイプに属する方は、優しい印象を持った、上品でエレガントな雰囲気の方が多いです。
芸能人で例えると、黒木瞳さん、井川遥さんなどです。

【似合う髪色】
透明感のあるラベンダーアッシュがおすすめです。紫は肌を色白に見せてくれる色なので、色白の夏タイプの方には紫がかったラベンダーが良く似合うでしょう。

色味を楽しみたい方は、ローズピンクなどの青みがかった品のあるカラーや、爽やかでソフトなイメージのパステルカラーもおすすめです。


明度は8~12レベル、彩度は低い方が色白の肌をよりきめ細く、透明感をプラスしてくれるでしょう。

【NGカラー】
暗すぎるカラーは、落ち着きすぎて年齢よりも老けて見られる場合があります。イエローブラウンやオレンジブラウンは黄みが強く、肌をくすませてしまいます。

また、鮮やかな色・派手すぎる髪色は上品なイメージから離れてしまう為、避けた方が良いでしょう。

 

秋(オータムタイプ)


こちらのタイプに属する方は、シックで落ち着きのある、ゴージャスな雰囲気の美人さんが多いです。
芸能人で例えると、長谷川潤さん、米倉涼子さんなどです。

【似合う髪色】
アース(マット・カーキ)系ブラウンがおすすめです。



色味を楽しみたい方は深みのあるカッパー系(オレンジ味のあるカラー)もおすすめです。おしゃれな雰囲気を出すことのできるカラーです。
明度は6~10レベル、彩度も低い色が肌に馴染みます。

【NGカラー】パステルカラーやビビッドカラーは大人っぽいイメージから遠のき、アンバランスさが強調され浮いてしまう場合があります。

 

冬(ウィンタータイプ)


こちらのタイプに属する方は、はっきりした顔立ちでクール。オーラのある雰囲気を持った美人さんが多いです。
芸能人で例えると、柴咲コウさん、深津絵里さんなどです。

【似合う髪色】

地毛を生かした黒髪がおすすめです。ウィンタータイプの人ほど、黒髪が似合う人はいません。

ですが、カラーを楽しみたい方もいらっしゃいます。そんな方には、アッシュブラウンをおすすめします。

色味を楽しみたい方は、ワインレッドやパープルなどはっきりとしたカラーが良いでしょう。
色味の強い髪色は、凛とした表情をより美しく魅力的に見せ、肌の白さを際立たせてくれます。
明度は高い色・低い色両方似合い、彩度は高めのはっきりしたカラーが肌に馴染みます。

【NGカラー】
パステルカラーは野暮ったい雰囲気になる場合があります。金髪系の高明度・高彩度の派手色は似合わない可能性が高いので注意してください。

 

シーズンカラーの色と印象


自分に似合う髪色を理解して頂けましたか?
上記をわかりやすくまとめると、このような図になります。



 

《色を上手く使いこなそう》


それぞれタイプ別に「似合う髪色」お伝えしました。カラーに迷った際は、シーズンカラーの中から選んで頂くと間違いありません。

ですが、パーソナルカラーに縛られすぎるのもよくありません。ここまで説明しておきながら、「どういうこと???」と戸惑ってしまいますよね。

 

デザインで取り入れる


診断をした方の中には、好きな色が似合わないと診断されたり、似合わない明るさと診断された方もいらっしゃるかと思います。

その色は避けた方が良いのかな・・・と、考えがちですが、自分が好きな色は気分を高める為にも取り入れる事をおすすめします。取り入れ方を工夫すれば大丈夫です。




【全体は暗めにしつつ、イエローゴールドのハイライトを施したカラー】





【顔周りにローズレッドを施したポイントカラー】





【毛先にオレンジゴールド施したポイントカラー】



このように、好きな色を部分的に取り入れるカラー(ハイライト・ローライト・ポイントカラー)施術がおすすめです。

明暗や、入れる面積、入れる場所を工夫することが出来ますので、肌に馴染みやすく、おしゃれなカラーを楽しむことが出来ます。

 

シーズンカラーを外す


パーソナルカラーを理解して頂けると、このような使い方もできます。

例えば、高明度・高彩度が似合う春(スプリングタイプ)さん。若々しく、可愛らしい雰囲気を持ち合わせていますが、職種やキャリア上、落ち着いた雰囲気を求められる場面もあるかと思います。

そんな時は、違うシーズン(低明度・低彩度のオータム)のカラーをあえて持ってくることで、しっかりした頼りがいのある人というイメージを演出することが出来ます。

 

定期的な診断を


人の肌色は、加齢や日焼けなどの様々な要因で変化します。そのため、その時々で肌色に映える色は微妙に変わる可能性が考えられます。

あなたのライフスタイルに沿って、定期的にパーソナルカラーを見直すことをおすすめします。その際は是非、この記事を参考にしてみて下さい。

 

《もっと詳しく知りたい方に》


今回は、簡単に出来るパーソナルカラー診断のやり方をご説明させて頂きました。似合う髪色を知るって凄く興味深いですよね。もっと詳しく知ってみたいと思った方も多いのではないでしょうか。

パーソナルカラー診断は、ここ数年凄く需要のあるメニューの1つです。その証拠に、セミナーやスクールに加え、大手百貨店でもパーソナルカラー診断の導入を始めたくらいです。予約は激戦でアクセスしても繋がらないほどの人気だそうです。

美容院もヘアカラーを扱う為、導入サロンが年々増えてきました。

大人数を一度に診断する方法や、マンツーマンで時間をかけて診断してくれる方法等、様式も様々です。診断の仕方によって金額も無料~数万円と幅広いようです。

当店でも、今まで以上にお客様に喜んで頂けるよう、専任スタッフを派遣し、パーソナルカラー診断をさせて頂いております。

 

講師紹介



西畑 悠(パーソナルカラーアナリスト歴10年)
●日本パーソナルカラー認定講師●

パーソナルカラー資格の最高位「モジュール3」取得
ワードローブ診断、メイク用品診断、メイク&ファッションアドバイス・・・等84色のドレープを使い、似合う色を理論的に診断。

パーソナルカラーのスペシャリストがマンツーマンで「あなたに似合う色」を親身になってご提案いたします。

60分11000円*お買い物同行も可能です。興味のある方は、お問合せ下さい。

ご予約はこちら

サロン情報


東京都豊島区高田3丁目16-9小倉ビル2FASOY-KUFU高田馬場店


TEL03-5944-9978

 

まとめ


いかがでしたか?このブログでは似合う髪色とパーソナルカラー診断について説明させて頂きました。わかりやすくおさらいします。

・人の印象の7割は色で決まるので似合う髪色を知ることは大事

・似合う髪色を知るにはパーソナルカラー診断が効果的

・パーソナルカラー診断でシーズンカラーを知れば似合う髪色が見つかりやすい

・診断上、似合わない髪色もデザインで取り入れる事が可能

 

こちらを参考に、素敵な髪色を見つけて下さい。

【関連記事】髪を染める初めての方が覚えておくと役に立つ5つの基礎知識



ブログ一覧