-->

Blog ブログ

Blog

ホーム//ブログ//ショートヘアにしたい女性必見!絶対失敗しない3つのポイント

ブログ

ショートヘアにしたい女性必見!絶対失敗しない3つのポイント

ショートヘアに興味がある方に質問です。このような悩みをお持ちではないですか?

「ショートヘアのメリット・デメリットは?」「ショートヘアにはどんな種類があるの?」「スタイリング方法は?」

実は年代を問わず、ショートヘアにする女性は増えています。

ここではショートヘアに挑戦してみたい女性が、押させておくべきポイントをお伝えします。

読み終えて頂ければ、自分のヘアースタイルをどうしていけばよいかが、お分かり頂けると思いますので、是非最後までお読み下さい。

 

ショートヘアのメリット・デメリットは?


特徴としてショートヘアは、お顔のパーツ・フェイスラインをハッキリとさせ、柔らかい雰囲気からクールでカッコいい印象を与える事のできるヘアスタイルです。

種類も沢山あるので、その女性にあったヘアースタイルを選べ、年齢を問わず楽しんで頂けると思います。

初めてショートスタイルにチャレンジしてみたいと思われている女性は、気持ちの変化だったり前向きな思いの方も多いと思います。しかし、その一方で「本当に切ってしまって良いのだろうか?」と不安がある方も多いと思いのではないでしょうか。

メリット・デメリットをまとめてみました。

 

メリット




 

・朝の支度時間が短縮できる


「朝の時間にもっと余裕がほしい。」と思われる女性も多いのではないでしょうか?

ショートヘアにすると髪の毛にかける時間が、最低でも5分短縮できるでしょう。

 

・シャンプーが楽になる


髪が短いと洗いやすく、毛が絡まる心配もなくなるのでシャンプー時間も短くなります。その分のマッサージに時間を使えたり有意義過ごす事が出来ると思います。

 

・髪の毛を乾かすのが楽になる


髪の毛を切りたい理由の上位にも入ってくる理由として、ドライ時間があげられます。皆様はドライ時間に何分かかっていますか?ショートヘアにすると大幅に短縮できます。

夏「せっかくお風呂に入ったのに、ドライヤーをしているうちに汗をかいてしまった」という経験はないでしょうか。「なかなか乾かずドライの時間が憂鬱だ」と思われる女性も多いと思います。

1番効果的な改善方法としては、髪を切る事です。なので、ドライ時間を本当に短くしたい方はおススメです。

 

・コストパフォーマンスが良い


髪の毛が短いと、シャンプー剤・トリートメントなど、毎日髪の毛に使う物の使用量が少なくて済みます。その他にも、ドライ時間が短いと電気代の節約にもなりますし、シャンプーを洗い流す時間が少ない分、水道代が安くなります。

また、カラーをされている方は、美容室でのカラーはほとんどの場合、髪の長さで料金を分けているので、カラー料金も安くなります。

 

・頭が軽くなる


人間の頭には髪の毛が約10万本生えていると言われています。髪の毛1本だと短くなっても重さの変化は感じないと思いますが、10万本が短くなると頭は随分と軽く感じます。それによって肩こりが和らいだり、首の疲れが解消できるかもしれません。

 

・涼しくなる


ショート以外のスタイルの場合は、髪が頭から首に覆いかぶさっている事がほとんどです。その為、通気性が悪く熱を逃さないので暑く感じます。ですが、ショートにすると首周りもスッキリとするので熱がこもる事もなく、涼しく感じます。

 

・バリエーションが豊富


ショートヘアーには沢山のスタイルがあります。骨格・雰囲気などから色々なスタイルを楽しめるので、飽きが来づらいのも人気のひとつです。

 

・小顔効果が期待できる


女性にとって小顔効果はすごく重要です。ひとりひとりの骨格・フェイスラインに似合ったショートスタイルにする事で、かなり小顔効果が期待できます。それに首回りに髪がなくなると首も長く見え、顔の印象も良くなり、よりお顔立ちがハッキリするので、垢抜けた女性の印象になります。

 

・イメージチェンジしやすい


カラーチェンジ・パーマなどイメージチェンジの方法は沢山あります。ですが、髪の毛で女性の印象を変える1番効果的な方法は「長い髪の毛が短くなった!」と思う事だと思います。なのでロングがショートに、ミディアムがショートになど、振り幅が大きければ大きい程効果は期待できます。

 

・スタイリングで色々なアレンジができる


ショートヘアは意外とアレンジがききます。例えば、耳にかける・コテで巻く、スタイリング剤で質感を変える。これだけでも印象は大きく変わります。その日の気分によって色々なアレンジができるのはとても良いですよね。

 

・ピン・ゴム・コテ・アイロン無しでもスタイルとして成り立つ


作業をしていると髪の毛が邪魔になりピン・ゴムで髪をまとめていると言う女性も、ショートヘアにするとその必要も無くなります。

 

デメリット




 

・寝癖が付きやすい


髪が短くなると寝癖は付きやすくなってしまいます。髪がしめったままの状態で寝ると、そこで跡がついてしまい、髪の毛が長かった時よりも目立ちやすくなってしまいます。

しっかり髪の毛を乾かして寝る事が重要になります。もし寝癖が付いてしまった時は髪をお湯で洗い流して、もう1度乾かしてあげると良いでしょう。

 

・癖毛が気になりやすい


ロングヘアの場合だと、髪の毛の重さで癖毛が引っ張られ、少し落ち着いたように感じます。ですが、ショートヘアにすると髪の毛の重さが無くなるので、癖毛を感じやすくなります。

癖毛を生かしたカットや、日々のアイロン・縮毛矯正など改善方法は沢山あるので、是非美容師に相談してみて下さい。

くせ毛でお困りの女性はこちらの記事もご覧ください。

【くせ毛をいかすカットで似合う髪型になれる方法】

 

・女性もカットをする回数が増える


人によって髪の毛をカットする頻度は違いますが、ショートヘアにするとカットをする頻度は増えます。理由としては、ロングヘアだった頃よりも髪の毛の伸びを感じるからです。

ただ変化に気づくというのは、おしゃれをする上ですごく大切な事です。鏡を見て気になるところを発見し、「次はパーマをかけてみようかな。」など挑戦してみようと思うかもしれないからです。

そのように美意識が上がっていくと、さらに理想の自分に近づいていくと思います。ショートヘアーの方は1ヵ月〜1ヵ月半の間でカットされるといい状態がキープできるでしょう。

 

・伸ばすのが大変


いざ伸ばそうと思うと時間がかかるので、ロングヘアが1番しっくりくると言う女性には不向きです。カットすることはいつでもできるので、焦らずにゆっくり考える事をおススメします。

ただ、伸ばしている最中で沢山のヘアースタイルが楽しめるのも、ショートヘアの魅力のひとつです。その中で1番良いものを見つけていくのも良いかもしれませんね。

 

ショートヘアにはどんな種類があるの?




ショートヘアーには様々なスタイルがありますが、大きく分けると3つに分ける事ができます。

 

・ベリーショート




ベリーショートスタイルはショートスタイルよりも短い事を言います。一般的には耳に髪の毛が、かからないくらいの長さの事を指します。

コンパクトなシルエットでさっぱりとした印象を与えます。

 

・ショート




ショートスタイルは1番王道のスタイルです。一般的には耳が隠れるぐらいの髪の長さの事を指します。ですが、スタイルの形やスタイリング方法によって、美容師がスタイル名を沢山付けているので、分かりにくくなっているという現状があります。

それにより困る事としては、カウンセリングの際に「スタイル名を言っても伝わらない」場合があるということです。例をあげると

《ゆるふわショート・クールショート・マッシュショート・レイヤーショート》などです。

ですので、どのくらいの長さにしたいのかがわかる写真などがあると、スムーズにカウンセリングが進むと思います。

ショートの魅力は、アイロンで外ハネにしたりコテで巻いたり耳にかけたりなど、その日の気分によってアレンジができ、様々な印象を変える事が出来る点です。

 

・ショートボブ




ショートスタイルとボブスタイルの間ぐらいの事をいいます。一般的には顎に当たるぐらいの長さの事をいいます。

髪を巻いたり、結んでハーフアップにしたりできるので、カジュアルで柔らかい印象を与えます。

 

スタイリング方法は?




スタイリング方法は髪の長さによって異なってきます。

大切な事がもう1つ。それは使うスタイリング剤です。スタイリング剤は形を整えるだけでなく、髪の質感を変えてくれる物になります。

自分がどのような女性像を目指しているのかによって、使い分けてあげる事が重要です。

ここでは、ベリーショート・ショート・ショートボブスタイルの方が使いやすいスタイリング剤をいくつかご紹介します。

 

・EIMIセルフデザインワックス4




ベリーショート・ショートの女性におススメのワックスです。束感を出したりドライな質感がお好みの方は、是非お試し下さい。

《スタイリング方法》

人差し指の第一関節ぐらいのワックスを手に取ります。ワックスを手のひら全体によく馴染ませます。

*目安はスタイリング剤が透明になるまで

全体の根本にもつくように良く指を通していきます。次に形を整えながら毛先にも付けていきます。最後に前髪を整えたら完成です。

ここでの注意点は【前髪は最後に手に余ったスタイリング剤をつける】と言う事です。

ペタッとなりやすい方はスプレーで固めて上げるのも良いと思います。

 

・N.スタイリングセラム




ショート・ショートボブの女性におススメのミルクワックスです。柔らかい雰囲気・細い毛束感・艶・少しウエットな質感がお好みの方は、是非お試し下さい。

《スタイリング方法》

1プッシュ半を手に取り、手のひら全体によく馴染ませます。

*目安はスタイリング剤が透明になるぐらい。

馴染ませたら毛先全体に軽く揉み込むようにつけます。次に根本からかき上げるように付けていき、足りなくなったらプラス1プッシュして形を整えたら完成です。

ここのでの注意は【つけすぎない。ナチュラルに質感を合わせる】と言う事です。

付けムラがあると質感が変わってしまい、付いている所は艶っぽく、付いていない所はドライな質感になってしまうと可愛く仕上がらないので全体にムラなく付けてあげましょう。

柑橘系の香りが女性に大人気の商品です。

 

・N.ポリッシュオイル




ショート・ショートボブの女性におススメのヘアーオイルです。艶感・ウエットな質感がお好みの方は、是非お試し下さい。

《スタイリング方法》

ヘアーオイルなのでスタイリング剤のような固定力はありません。

3滴ほど手のひら全体に馴染ませます。毛先全体に揉み込むように付けていき、途中で無くなったらプラス2〜3滴付け足しましょう。その後、髪の中間根本付近まで指を通すように馴染ませたらスタイリング完成です。

ここでの注意は【根本に付けない】と言う事です。オイルなので根本につけるとペタッとしてしまうので指を通す程度で良いです。

こちらも柑橘系の香りで女性に大人気です。

当店でもネット販売をしておりますので、お買い求めの方はこちらからお願い致します。

 

まとめ




いかがだったでしょうか?その人に似合う髪型は決して1つではありません。なりたい女性像があるのなら、そのスタイルの中から似合う髪型を見つけていくと、よりおしゃれが楽しくなると思います。

それではおさらいをします。

・ショートヘアはスタイルによって、沢山の印象を与える事のできるヘアースタイルです。

・大きなメリットは雰囲気を大きく変えれる事と、朝の手入れ時間が大幅に短縮できる事。デメリットは次に伸ばす時の事を考えると大変、寝癖。などありますがそれは「考え方で解決するのかな。」と思います。

・スタイルの種類は3つです。スタイリングや微妙な長さの違いで呼び名が沢山ありますが、大きく分けると3つです。

・スタイリングはスタイリング剤によっても大きく変わるので、自分に合ったスタイリング剤をしっかりと選定する事が大事です。

この記事を読んで「ショートヘアーっていいな。」「可愛いな!やってみたい!」と思って頂けると嬉しく思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。



ブログ一覧