-->

Blog ブログ

Blog

ホーム//ブログ//スキンケアから見直そう!美肌に導く、簡単で正しい化粧水の付け方

ブログ

スキンケアから見直そう!美肌に導く、簡単で正しい化粧水の付け方

皆さんは化粧水を付ける際に「正しい化粧水の付け方が分からない」「今のスキンケアの方法が、自分の肌に合っているのか分からない」

と思ったことはありませんか?

きれいな肌を作り出す方法として、スキンケアはとても大事な役割を果たしています。スキンケア方法を今と少し変えるだけで、その日のメイクのノリも変わってきます。

ここでは「正しい化粧水の付け方」「お肌に合わせたスキンケア方法」などについてご紹介致します。

最後まで読んでいただければ、スキンケアに関するお悩みが解決すると思います。ぜひ最後までお読みください。

 

化粧水の前に、知っておきたいスキンケアとは?




スキンケアとは「お肌の手入れ」という意味です。よくスキンケア用品のことを、「基礎化粧品」と聞くことはありませんか?

その名の通り基礎化粧品は、お肌の「基礎」を作るもので、お化粧をする前や洗顔後にお肌に付ける化粧水、乳液、クリームなどの事を指します。

 

スキンケア用品とは?




「スキンケア」の工程と聞くと、基本は化粧水から始まると思う方は少なくないと思います。

しかし、スキンケアは洗顔の時点で始まっています。お化粧を落とす際に使用するクレンジングも、スキンケアのひとつです。

基本的な流れとしては

・洗顔(クレンジング)

・化粧水

・乳液

・クリーム

となる方が多いかと思います。他には美容液、アイクリーム、パックやピーリングなどもスキンケアの工程に入ります。

 

スキンケアの重要性




スキンケアをすることで次のような利点があります。

 

肌を清潔に保つ


普段私たちは外に出ることで、見えない菌や排気ガスなどに触れています。外へ出なくてもホコリに触れていますし、皮脂なども分泌さています。

皮脂は本来皮膚を健康に保つには必要なものですが、適度に清潔にしなければニキビなどの原因にもなります。

メイクもしっかりと落とさなければ色素沈着になってしまいます。そのようなことを防ぐためにクレンジングや洗顔などが必要です。

 

保湿をする


健康的なお肌は水分と油分が整っており、それによってバリアを作っています。しかし紫外線などでそれが崩れると、お肌は外からの刺激を沢山受けることになります。

そのようなことを防ぐために、スキンケア用品はお肌の水分油分を補い、バリア機能を高める役割を果たしています。また保湿は、美白を作る大事な要素のひとつとなっています。

 

日々のスキンケアの積み重ねで、後の自分の肌年齢は変わっていきます。

どれだけ疲れていてもメイクを落とさず就寝すれば、ニキビができたり、ダニに噛まれたり、毛穴の黒ずみなど肌トラブルの原因にもなります。

お肌が乾燥している時に、保湿を怠ればシワやたるみの原因にもなってしまいます。将来後悔しないためにも、今からのケアが大事になっていきます。

このように、正しい化粧水のつけ方がわかっても、スキンケアが正しくないと意味がないということで、最初にお伝えしました。

 

正しい化粧水の付け方




多くの方が洗顔をしてまず最初につけるのは、化粧水かと思います。皆さんは化粧水をつける時コットンを使用しますか?それとも手のひらで塗布していますか?

基本的に化粧水はコットンで付けていくのがオススメです。

 

コットンを使うメリット


まず手のひらで化粧水をお肌につけていくと、ムラが出てしまいます。手のひらにはシワがあり、フラットでは無いため均一に化粧水を広げられません。

また、手のひらからも化粧水の成分は吸収されてしまうため保湿力は下がってしまいます。

反対にコットンを使用すると、化粧水を均一にお肌につけることができ、小鼻あたりや、目の周りなど細部まで化粧水が渡りやすくなります。

また、パッティングをすることでより保湿力もアップ。

何よりも、手のひらで化粧水を付けるより、より清潔に化粧水を浸透させられるのが良いですね。

しかし、誰しもがコットンを使用し無ければならないと言う訳ではありません。お肌が敏感な時は、肌への摩擦から避けるために、手のひらで塗る保湿方法も間違っていません。

 

コットンを使用した正しい化粧水の付け方




化粧水をつける前は、洗顔をしてからという方が多いかと思います。その化粧水の付け方と、ポイントを紹介していきます。

 

洗顔後、タオルで顔を拭きすぎない


お顔を洗ったあとは、肌についている水分を取りすぎると、お肌が乾燥してしまうので気をつけましょう。タオルで軽く、トントンと水気をとる程度で十分です。

又はティッシュなどを軽くかぶせ上から手で、トントンと拭き取る方法でも構いません。

 

すぐに化粧水をつける


水分を適度に取った後はすぐに化粧水をつけましょう。

特にお風呂上がりは肌の温度が高く、毛穴が広がっている状態です。フラットな状態よりも、より成分を吸収しやすくなっていますし、逆にとても乾燥しやすい状態です。

しかし洗顔後はすぐに化粧水が付けれても、お風呂上がりはなかなか難しいですよね。化粧水をつけるタイミングは、できるだけ早い方が良いですが、遅くても5分以内を目安に化粧水をつけてあげてください。

それでも5分のうちにお肌は乾燥していることは間違いありません。「少しでも乾燥させたくない!」という方に乾燥を未然に防ぐためにオススメの方法を下記で紹介します。

 

ミスト型の化粧水を使用する


私はお風呂上がりの乾燥は未然に防ぎたいので、コットンにつけてお肌に馴染ませる化粧水とは別に、ミスト型の化粧水をお風呂上がりにすぐ付けるようにしています。

ミスト型であればコットンを使用する必要も無いので3秒もあれば完了します。私は応急処置として使用していますが、どうしてもスキンケアがめんどくさい日などにもとても便利です。

いくつかおすすめのミスト型化粧水をご紹介します。

 

cnp Laboratory プロP ミスト¥1500




韓国コスメがお好きな方は、知っている方も多いかもしれません。ncpは韓国の有名な皮膚科がプロデュースしたドクターズコスメです。粒子が細かく、プロポリス成分が、栄養と水分を補給して、長時間潤いとツヤをキープしてくれます。美容液のような化粧水です。

韓国のコスメブランドということで、日本から購入するにはネットからが基本となります。韓国旅行の際には購入してみるのもオススメです。

 

アベンヌ アベンヌウォーター



アベンヌのミスト型化粧水は、100%温泉水から出来ているので、敏感肌の方にもオススメのミスト型化粧水です。こちらもミストの粒子がとても細かくてオススメです。

300ml、150ml、50mlと、サイズは3つあります。まずはお試しで50mlから購入してみるのはいかがでしょうか?

商品サイトはこちら


 

コットンに出す量は500円玉大


化粧水の量は、使用する化粧水メーカー推薦の量で使用するのが1番ですが、もし記載がなくわからない場合は500円玉大サイズで使用すると良いです。

もし使っていて足りないと思ったら、付け足していただいても構いません。勿体ないからと、足さずに使うと摩擦でお肌を傷つけてしまうので気をつけましょう。

 

内側から外へ


化粧水は、どんな方向からでもつけていい、という訳ではありません。内側から外に向かって付けるのが基本です。適当に塗り広げてしまうと逆にシワを作る原因になるので気をつけましょう。

まずは、頬を小鼻あたりから外に向かって、優しく3回ほどスライドしてつけていきます。

頬が終わったら、次におでこも中心から2つに分け、うちから外に向かって3回ほどに分けてスライドしましょう。

次に鼻筋、鼻筋側面、小鼻、口周りの順番でつけていきます。

次に目周りですが、目周りに触れる時は特に優しくつけていきましょう。目周りの皮膚は特に薄く、強く擦るようにするとクマの原因になることもあります。

最後はフェイスラインに反ってスライドしましょう。

 

パッティングは優しく


全体的に化粧水をつけたら次はパッティングです。コットンが毛羽立っていると感じたら裏表を変えるか、コットンを変えることをオススメします。

順番は先程と同じで頬→おでこ→鼻筋→小鼻→口元→目元です。

しかし鼻筋、小鼻、口元、目元はパッティングではなく、鎮静にしましょう。優しく2〜3秒鎮静をした後に、優しくスライドをすると良いです。

パッティングは下から上に向かって、トントンとお肌にコットンを当てていきましょう。

ここまでで一通りの流れは終了です。この後に乳液などをつけていきます。

 

お肌別おすすめの化粧水




化粧水でのスキンケアをより効果的なものにするために、お肌の状態に合わせたオススメの化粧水をご紹介します。

 

脂性肌


脂性肌の方はさっぱりとした化粧水がオススメです。毛穴を引き締める効果のある収れん化粧水は特にオススメです。

 

スキンコンディショナーナチュリエ ハトムギ化粧水¥715(税込)




ハトムギ化粧水と言えば、まずはコスパの良さですよね。実はこのハトムギ化粧水にも収れん作用があります。サッパリとしていて、夏にはとても重宝する化粧水のひとつです。容量も500mlとたっぷりで、全身にも使えます。

商品サイトはこちら

 

明色化粧品  明色 美顔水 薬用化粧水¥800(税抜)




明色美顔水も有名な化粧水のひとつですね。こちらは収れん作用はもちろんですが、殺菌・抗菌・消炎成分を配合しており、脂性肌の方に多いニキビを防ぐ効果もあります。

角栓・毛穴のつまりを除去してくれる効果もあり、同時に黒ずみなどを防ぐ役割を果たしてくれます。

ハトムギ化粧水と比べて、90mlで税抜き800円と少しお高めではありますが、明治からのロングセラー商品で効果を実感しやすい商品となっています。

商品サイトはこちら


乾燥肌


乾燥肌の方にはしっとりタイプの化粧水がオススメです。また化粧水の量は少し多めに塗ると良いでしょう。

無印良品 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ¥980(税込)(400ml)



 

無印良品の化粧水は人気商品のひとつですね。肌によって選びやすいのも良いですし、私も冬に使用したことがありますが、保湿力もしっかりとあります。

400mlの他に、200mlで¥690(税込)の物もあります。まずはお試しとして買いやすいのではないでしょうか?

商品サイトはこちら

 

肌ラボ 白潤薬用美白化粧水¥740



肌ラボの白潤化粧水は保湿力はもちろんですが、美白に必要な、ビタミンC誘導体が配合されています。保湿と同時に美白も手に入れられるのはとても嬉しいですよね。オリジナルタイプでも保湿力は高いですが、しっとりタイプもあります。

170mlで740円と無印良品の化粧水よりお高めですが、美白成分も入っていますし、手が出せないお値段ではありませんね。

商品サイトはこちら

 

もっと保湿力を高めたい方


自分の肌に合わせた化粧水を使うなら、もっと浸透力を高くしたい。と言う方は多いと思います。

そんな方には導入化粧水をオススメします。導入化粧水を、化粧水を使用する前に使うことで、お肌が化粧水を吸収しやすくする効果があります。

 

無印良品 導入化粧液




プチプラで有名な導入化粧水と言えば、無印良品では無いでしょうか?天然うるおい成分に、ツバキ種子エキスなど5種類の植物エキスがあり、肌に優しく浸透していきます。

容量は200mlで税込1290円です。大容量タイプもあるので、まずは200mlでお試ししてみるのが良いのではないでしょうか?

商品サイトはこちら


オススメのコットン




コットンを買おうとしても、たくさんの種類があって悩むのでは無いかと思います。そこでオススメのコットンをいくつかご紹介します。

 

無印良品 生成カットコットン・大判タイプ¥490(税込)




無印良品はコットンも有名ですね。135も入って490円ですしコスパも間違いありません。安いコットンに多い毛羽立ちも目立たないのでお肌にも優しいです。

この他にも普通サイズで、もう少し量のあるコットンも商品にあります。

商品サイトはこちら

 

資生堂 ビューティーアップコットン F¥330(税込)



資生堂のコットンと言えば、このコットンですよね。私はこのコットンを長く使っていますが、肌触りがとても優しく、毛羽立ちが本当に目立ちません。

108枚で330円です。ドラックストアにあるコットンよりも高めかもしれませんが、買って損の無いコットンです。

商品サイトはこちら

 

まとめ




いかがでしたか?

「スキンケアめんどくさいな…」と思っても健康で綺麗なお肌を作る上で、スキンケアはとても重要な役割を果たしています。

いつものスキンケアから少しだけ手間を加えることで、今までよりもっと美しい肌を手に入れることが出来ます。将来やってくるお肌のお悩みも、周りより少ない状態になっているのでは無いでしょうか?

美しさの一つである美肌をめざして一緒に頑張りましょう!

メイク関連のおすすめ記事も、是非ご覧ください。

【関連記事】

日焼け止めの選び方にはもう迷わない!プロおすすめのタイプ別アドバイス

メイク初心者でも、似合う眉毛が必ず描ける6つの方法

 

このブログを書いている美容院SOY-KUFU高田馬場店はメイクにも力を入れているのはもちろん「自分史上1番似合う髪型になれる」をコンセプトに運営しております。わかりやすく動画にしましたので是非ご覧ください。




 

ブログ一覧