-->

Blog ブログ

Blog

ホーム//ブログ//これさえ読めば全てわかる!幹細胞美容液パーフェクトガイド

ブログ

これさえ読めば全てわかる!幹細胞美容液パーフェクトガイド

幹細胞美容液を購入予定の方に質問です。

「幹細胞美容液を詳しく知りたい」「幹細胞美容液のメリット・デメリットは?」「オススメの幹細胞美容液は?」

そんな疑問をお持ちの方は、意外と多いのではないでしょうか?

ここでは「幹細胞とはなんなのか」「なぜ幹細胞美容液が注目されているのか」などについて詳しく解説します。

オススメの幹細胞美容液もご紹介するので、最後まで読んで頂けると、幹細胞美容液の事を理解して購入して頂ける事間違いなしです。

是非、御一読宜しくお願い致します。

 

幹細胞とは?



幹細胞と呼ばれるには2つの能力が不可欠です。

 

分化能


分化能とは「皮膚」「赤血球」「血小板」など、私たちの体を作る様々な細胞に変化する能力の事を言います。

組織が怪我をしたりダメージを受けた時も、同じ細胞で補充をしなければなりません。細胞が必要な細胞に変化をして、失った細胞を補充してくれているのです。

 

自己複製能


自己複製能自分と同じ能力をもった細胞に分裂する事ができる能力の事を言います。

人間の体の中には、皮膚や血液のように寿命の短い幹細胞があります。しかし、失われた細胞を再び生み出して補充する能力を持った細胞を持っているので、細胞が絶えず新しい綺麗な細胞になります。

 

幹細胞の種類




美容の観点から見ると、大きく3つに分けられます。

 

動物性幹細胞


動物性幹細胞は、名前の通り動物から摂取した幹細胞の事です。特によく使用されるのは、幼羊の毛根や羊の胎盤からです。

羊の幹細胞は、人間の皮膚幹細胞によく似ているので、他の動物の幹細胞を使用した場合と比べるとアレルギー反応が起こりにくいと考えられています。また、羊は病気にかかりにくい事も分かっているので、使用される事が多いです。代表的な物はプランタでハリをもたらす成分です。

ですが、いくら類似していても、羊の幹細胞と人間の幹細胞は別物です。なので、アレルギー反応が起きる可能性も十分にあるので、敏感肌の方はリスクが高いです。

 

ヒト幹細胞


ヒト幹細胞は、人間の皮下脂肪から摂取した幹細胞の事です。安全性が高く、効果が高いとされています。再生医療から注目されており研究が進んでいます。

美容で使用するのは、ヒト幹細胞から作られた培養液です。

 

植物幹細胞


植物幹細胞は、様々な植物から摂取した幹細胞の事です。アレルギー反応も少なく、肌を保護したり、肌状況を改善したりする作用に優れています。

美容で使用するのは、植物幹細胞から作られた培養液です。

 

植物幹細胞エキス




植物幹細胞エキスは大きく3つに分けられます。

 

アルガニアスピノサカラス培養エキス


モロッコ固有の樹木である、アルガンツリー由来の植物幹細胞エキスで、「アルガン幹細胞エキス」とも呼ばれています。

気温差や乾燥の激しい砂漠地帯での、過酷な環境の中を生き抜いた強い生命力と再生力で、皮膚の自己修正をサポートしてくれます。

 

リンゴ幹細胞エキス


スイス原産の4ヶ月腐らないリンゴとして有名な「ウットウィラースパトラウバー」から抽出したエキス。

ウットウィラースパトラウバーは、18世紀中ごろの品種改良によって、開発されたリンゴです。

しなびにくく長期保存しても味が劣化しないことで知られており、当時人気の品種でした。しかし、多品種の収穫量の拡大と甘みを求めた品種改良で、酸味の強かったウットウィラースパトラウバーは次第に市場から消えていきました。

現在は20本ほどしか現存していないと言われており、スイスの動物保護団体「Prospecoa Rara」によって管理と栽培されており、一般では流通しておりません。

美容効果は、表皮幹細胞の寿命を伸ばし、ターンオーバーを正常化させ、シミやくすみを改善する効果、壊れた組織を再生して、シワやたるみを改善する効果があります。

 

 

その他幹細胞エキス


アルプスに生育するツツジ科の高山植物「アルペンローゼ」やエーデルワイス由来の植物幹細胞エキスなどがあります。

植物には想像を超えるパワーがあります。この強い生命力が肌本来の力を引き出してくれる元になるのです。

 

アミノ酸




アミノ酸は、生命の源となる栄養成分です。カラダの様々な機能を担っています。幹細胞美容液とも密接に関わるので解説していきます。

 

アミノ酸の起源


1806年フランスで、アスパラガスの芽から始めてアミノ酸が発見され「アスパラギン」と名付けられました。

以降、尿結石から「システイン」ゼラチンから「グリシン」筋肉や羊毛から「ロイシン」が見つかり、1935年までにタンパク質を構成する全てのアミノ酸が発見されました。

 

アミノ酸は生命の源


人間の生命誕生日秘話については、地球外起源説や原始海洋起源説などいくつかありますが、生命の源はアミノ酸だと言われています。

宇宙から落ちてきた隕石の中にもアミノ酸見つかるという事がありました。1969年オーストラリアのマーソンに落下した隕石の中には「グリシン」「アラニン」「グルタミン酸」「バーターアラニン」が確認されています。

その為、地球以外にも生命体がいると考えられています。アミノ酸は生命そのものを生み出す、重要な物質なのです。

 

人体の2割はアミノ酸


人体は約60%が水分で20%がタンパク質で出来ています。主に「筋肉」「内臓」「髪の毛」「皮膚」「コラーゲン」など体の重要な組織を作っているのはタンパク質だという事が分かります。

タンパク質を構成している成分はアミノ酸です。つまり体の約20%は、アミノ酸と言えるのです。

 

人体を作る20種類のアミノ酸


自然界には約500種類のアミノ酸が発見されていますが、人体を作っているのはわずか20種類です。

バリン・ロイシン・イソロイシン・アラニン・アルギニン・グルタミン・リシン・アスパラギン酸・グルタミン酸・プロリン・システイン・トレオニン・メチオニン・ヒスチジン・フェニルアラニン・チロシン・トリプトファン・アスパラギン・グリシン・セリン

 

必須アミノ酸


人体を作る20種類のアミノ酸の内、9種類のアミノ酸は、体内で十分な量を合成できず栄養分として摂取しなければいけません。そのアミノ酸の事を「必須アミノ酸」と呼びます。

トリプトファン・リジン・メチオニン・フェニルアラニン・スレオニン・バリン・ロイシン・イソロイシン・ヒスチジン

 

ペプチド




ペプチドとは幹細胞エキスをサポートし、肌本来の美肌サイクルを促します。ここでは、ペプチドについて詳しく解説します。

 

ペプチドとは?


ペプチドとは、いくつかのアミノ酸が繋がった状態です。消化酵素によってアミノ酸やペプチドに分解されて、私たちは肉や魚などの食べ物に含まれているタンパク質を吸収しています。

アミノ酸が2個繋がっていれば「ジペプチド」アミノ酸が3個繋がっていれば「トリペプチド」10個前後繋がっていれば「オリゴペプチド」100個以上繋がっていれば「ポリペプチド」と呼ばれます。

5000個以上繋がったポリペプチドがタンパク質と呼ばれますが、この分子量の境目は明確ではありません。

 

ペプチドと美容


幹細胞培養液は、たくさんの成長因子を含んでます。
200種類以上の成長因子の中から、肌トラブルに効果のある因子への働きかけを強くすることで、成分因子の効果が高まります。
逆にいうと幹細胞培養液単体のみの場合、どの成長因子の効果がでるかわからないということです。
ペプチドは、幹細胞培養液の効果として、特に肌トラブルに、効果のある成長因子を誘導するためのものとして配合してあります。

 

成長因子



ここでは、成長因子について説明していきます。


 

成分因子とは?


動物の体内において特定の細胞や分化を促すタンパク質の事、別名「培養因子」「細胞増殖因子」とも呼ばれます。

「細胞」「皮膚」「骨」「筋肉」などはヒト成長ホルモンによって成長します。ヒト成長ホルモンは、脳の脳下垂体前葉で作られており生きていく上で必要不可欠です。

 

成長因子と美容


歳を重ねると老化現象が起こり、健康面でも美容面でも様々な弊害が出てきます。その弊害を改善してくれるのが、ヒト成長ホルモンです。

ヒト成長ホルモンを活性化させる物質が、成長因子なのです。体内の細胞の種類により、成分因子の働きは変わってきます。肌を若々しく保つ成分因子がある事も判明しています。

肌に関係する成長因子は、代表的な因子で「EGF」「FGF」「IGF」「TGF」の4つが挙げられます。

 

幹細胞美容液のメリット




ここでは、幹細胞美容液のメリットをご紹介します。

 

肌のターンオーバーの正常化


肌の新陳代謝と言われるターンオーバーを促します。ターンオーバーが乱れると、古い角質が蓄積し、肌トラブルを起こします。

ターンオーバーが正常化される事で、キメ整った美しい肌になり、「シミ」「くすみ」「毛穴の開き」「シワ」「たるみ」が改善されます。

 

敏感肌の改善


幹細胞培養液には、繊維芽細胞を助ける成長因子「TGF」が含まれます。

TGFは、コラーゲンなエラスチンの生成にとても重要な因子で、肌の抗酸化作用や抗炎症作用があるので、敏感肌やアレルギーによる肌荒れを改善します。

 

くすみ予防


幹細胞培養液には、新しい血管を作る成長因子「VEGF」が含まれます。

VEGFが健康な血管を増やし血流も増えるので、肌に必要不可欠な栄養素や酸素が体中に行き渡ります。

肌は生まれ変わり、くすみの改善に繋がります。

 

美白効果


ターンオーバーが正常化すると、古い角質が蓄積ぜす新しい肌に生まれ変わるので、メラニンの沈着も予防します。

 

幹細胞美容液のデメリット




幹細胞美容液のデメリットをご紹介します。

 

使い続ける


「メスを使わない整形」と言われていますが、本当に整形している訳ではないので、効果を保つ為には使い続ける事が大切です。使用をやめてしまうと、肌は再び老化が始まり元に戻ってしまいます。

 

価格が高い


ヒト幹細胞エキスが配合されている幹細胞美容液は、植物幹細胞エキスや動物幹細胞エキスが配合されている商品より効果が高いのですが、一方で価格が高額になっています。

 

敏感肌・アレルギー


以上で敏感肌やアレルギーにも効果があると言いましたが、成分自体が体に合わない可能性は十分にあるので、使用前はパッチテストを行うなどの対策をして下さい。

 

AXI/フェアエッセンスEX




ここでは、オススメの幹細胞美容液をご紹介します。

 

ヒト幹細胞エキス配合


ヒト幹細胞エキスで、肌の「シワ」「たるみ」「くすみ」など肌トラブルを改善します。

ヒト幹細胞エキスは、幹細胞エキスの中でも最も安心・安全に使用できます。

 

植物幹細胞エキス


植物幹細胞エキスには、抗酸化作用があります。

体内の細胞膜の酸化によって起こる「老化」「動脈硬化」を、抗酸化作用で予防します。

 

ビタミンC


ビタミンCにより、美白へと導きます。

ビタミンCは、酸化を還元する作用があり、「シミになっている」「シミ予備軍」を改善していきます。

 

5種類のペプチド


ヒト幹細胞エキスをサポートし、より「シワ」「たるみ」「くすみ」を改善します。

効果の高い成長因子へとペプチドを導き、肌トラブルを改善します。

 

当店でも販売しております。

【soy-kufuネットショッピング】

 

使用方法




フェアエッセンスEXの正しい使用方法をご紹介します。

 

適量を手に取る




2〜3プッシュ手に取ります。必ず1プッシュを最後まで押し切って下さい。

 

顔に馴染ませる




気になる所を中心に、顔全体に馴染ませます。引き上げながら馴染ませるのがポイントです。

 

まとめ




いかがだったでしょうか?

最後に箇条書きにしておさらいしていきます

・幹細胞は2つの能力を持っている細胞の事

・幹細胞は大きく3つの種類に分けられる

・アミノ酸は生命の源

・ペプチドはアミノ酸が繋がった物で、美容には無くてはならない物

・幹細胞美容液は、年齢を重ねる事に気になる肌トラブルを大きく改善してくれる

・一方で価格が高く、敏感肌の方は注意が必要

・オススメの幹細胞美容液はフェアエッセンスEX

男性のスキンヘア方法もご紹介しております。こちらをご覧下さい

【20代メンズ肌質に合わせた正しいスキンケア方法を徹底解説!】

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

このブログを書いているSOY-KUFU高田馬場店の動画です。是非ご覧ください。




ブログ一覧